ホーム > スマートフォン、タブレットが水没してしまったらどうすればいいの?

iPhone修理 即日返却

スマートフォン、タブレットが水没してしまったらどうすればいいの?


iPhoneの水没は、水没の状況や時間経過などによって復旧率が変わってきます。

まず絶対にやってはいけないのが、電源をいれることです。
これは絶対にしないでください。基板に電流が流れることでショートし、復旧が困難になります。
電話が来て電源が立ち上がらないように、SIMカードは抜いておいてください。
水没した時はなるべく早めに修理店まで持っていくことをお勧めします。
水没で困った時は、当店までお気軽にご相談ください。

※水没修理は、一日お預かりする場合がございます。

修理時間の目安:180分~

うっかりとトイレに落としてしまう、洗濯機に落としてしまう、飲み物をこぼしてしまった、などさまざまな状況でiPhoneを水没させてしまう可能性があります。
また、夏は海、川などでのレジャー遊びで水没させてしまう方が後を絶ちません。
水没修理に関しては、直るか直らないかは試してみないと正直分かりません。
水没後の使用状況によっても復旧率は変わります。
一番、よくないのは水没後、すぐに電源をいれてしまう、もしくは映ったので普通に使っていたというケースです。これは電源のショートを引き起こし致命傷になりかねません。
水没後は、SIMカードを抜き、一切電源は入れないでください。
また、簡単に内部までは乾かない為、修理するまではタオル等で拭き取って普通に保管して下さい。

新着情報一覧

全ての新着情報を見る