大阪府寝屋川市・枚方市でiPhone(アイフォン)修理・買取は「香里園」駅から徒歩4分のリペア本舗におまかせ!

メニューボタン
ホーム > iPhoneのリンゴマークから進まない!恐怖のリンゴループ現象とは?
修理コラム

iPhoneのリンゴマークから進まない!恐怖のリンゴループ現象とは?

こんにちは!

iPhone修理のリペア本舗-寝屋川香里園店-リペアチームです。

 

iPhone液晶画面交換 バッテリーの交換 カメラの交換 スピーカーの交換 各種ボタンの交換 水没復旧などで寝屋川 門真 大東 守口 交野 枚方などの多方面からご来店されております!

 

アイフォンのトラブルでお困りの時は、0120-933-415まで気軽にお電話ください!

 

当店ホームページは⇒こちら!

当店でのご予約は⇒こちら!


iPhoneがAppleのシンボルであるリンゴマークが繰り返し表示され、ホーム画面が表示されなくなる不具合が発生することがあります。

これは通称、「リンゴループ」と呼ばれる現象です。

リンゴループの何が怖いかというと事前に警告が出るケースもありますが、ほとんどはある日突然起こります。

ここでは、リンゴループの原因と対策、対処法をご紹介いたします。

Appleロゴがループ(リンゴループ)の原因

リンゴループの主な原因としては、

  • iOSのアップデート失敗
  • iPhoneを脱獄している
  • 容量がいっぱいの状態のiPhone
  • バッテリー周りの不具合
  • 映像表示装置周りの不具合
  • アプリの問題

など様々です。

そして、一度リンゴループになってしまうと、復旧が難しくループから抜け出せたとしても、データがすべて消えてしまいます。
リンゴループのように、iPhoneはいつどこで何が起るか分かりませんので急な出来事にも対応できるようにバックアップは常日頃からこまめに取るようにしておきましょう。

iCloudであれば、自動でバックアップを取ることもできますので、是非ご利用くださいませ。

リンゴループから抜けだす方法

端末自体の故障はどうしようもできませんが、自力でリンゴループから抜け出す方法はあります。

自力でリンゴループから抜け出す方法は下記の3つ

  • 強制再起動する
  • iOSを入れ直す
  • 初期化する

それでは、順番に見ていきましょう。

強制再起動する

軽いバグ程度の不具合ならば、iPhoneを強制的に再起動すると症状が改善される場合があります。
強制再起動は、下記の操作を行ないます。

iPhone8以降の機種

iPhone 8 / SE2 / X / Xs / XR / 11 / 12 / 13(Plus Maxも含む)を強制的に再起動する方法です。

  1. 音量を上げるボタンを押して素早くはなす
  2. 音量を下げるボタンを押して素早くはなす
  3. 電源ボタンを長押し
  4. Appleロゴが表示されたら、ボタンを放す

iPhone 7

iPhone7plusも同様の作業を行います

  1. 音量を下げるボタンと電源ボタン両方を同時に長押し
  2. Appleロゴが表示されたら、両方のボタンから手をはなす

iPhone 6s以前の機種

iPhone5シリーズ、iPhone6シリーズ、初代iPhoneSEは下記の操作を行います

  • 電源ボタンとホームボタンの両方を同時に長押し
  • Appleロゴが表示されたら、両方のボタンをはなす
iPhoneを強制的に再起動する
iPhoneが反応しない場合は、iPhoneを強制的に再起動してみてください。

iTunesでiOSの情報を更新する

iPhoneをパソコンに接続し、iTunesでiOSを更新するとリンゴループでiPhoneが完全に起動しない症状が改善される場合があります。

iTunesで作業する場合は、下記に注意して作業を進めてください。

iOSの「復元」と「更新」とは

復元】: iPhoneのデータを完全に消去して、iOSを修復する方法のこと。iPhoneは購入時の状態に戻ってしまう。
【更新】iPhoneのデータは残したまま、iOSを修復する方法のこと。

パソコンでiTunesを使い、iPhoneのiOSを更新する方法は、下記の操作を行ないます。

iPhoneとパソコンをUSBライトニングケーブルで接続し、iTunesを起動しておきます。
このときなるべく純正のライトニングケーブルを使用してください。

iPhone 8以降の機種

iPhone 8以降のiPhone X / XR / Xs / 11 / 12 /13(Plus Maxも含む)のような最新のiPhoneの場合。

  1. 音量を上げるボタンを押して素早くはなす
  2. 音量を下げるボタンを押して素早くはなす
  3. 電源ボタンを長押し
  4. 音符のマークとライトニングケーブルが表示

これでリカバリーモードに移行しました。

なお、ここまで表示されるまでにボタンを離してしまった場合は、最初からやり直してください。

iPhone 7 / 7 Plus

  1. 音量を下げるボタンと電源ボタン両方を同時に長押し
  2. Appleロゴが表示されたら、電源ボタンは長押しのまま、音量下げるボタンを放す
  3. 音符のマークとライトニングケーブルが表示

なお、ここまで表示されるまでにボタンを離してしまった場合は、最初からやり直してください。

iPhone6s以前の機種

iPhone5シリーズ、iPhone6シリーズ、初代iPhoneSEは下記の操作を行います

  1. 電源ボタンとホームボタンの両方を同時に長押し
  2. Appleロゴが表示されたら、ホームボタンはそのまま長押し、電源ボタンの指をはなす
  3. 音符のマークとライトニングケーブルが表示

なお、ここまで表示されるまでにボタンを離してしまった場合は、最初からやり直してください。

iPhone または iPod touch をアップデートまたは復元できない場合
iOS デバイスをリカバリモードにしてから、コンピュータを使って復元できます。

パソコンで操作する

iPhoneをリカバリーモードに移行出来たら次は、パソコンで操作を行います。

「復元」または「アップデート」の選択肢が表示されたら、「アップデート」を選択

あとは、iOSのダウンロードとインストールをiTunesがやってくれます。
iPhoneとパソコンはケーブルは抜かずに最後まで待ちましょう。

ダウンロードは、15分以上かかります。
途中でリカバリモード画面が閉じてしまった場合は、ダウンロードが終わるのを待ってから、もう一度iPhoneをリカバリーモードにしましょう。

上記の方法でiPhoneのiOSを「更新」しても、「エラー」が出てしまい、最後まで実行できない場合があります。
エラーが出てしまっても、諦めずに何度も「更新」を行なっていると「更新」が成功する場合がありますので、データがどうしても必要・・・という場合は、諦めずに何度も「更新」を試してみてください。

上記の方法でも、改善されない場合は、出荷時の状態に戻す「初期化」でリンゴループでiPhoneが完全に起動しない症状が改善される場合があります。

リカバリーモードから復元する

工場出荷時の状態に戻しますので、データがすべて消えてしまいます。

iPhoneを復元する方法は下記の操作でおこないます。

  1. iPhoneをパソコンに繋ぎ、iTunesを起動します
  2. iPhoneをリカバリーモードにします。
  3. iPhoneの画面にiTunesに繋ぐマークが出ていることを確認してください

「復元」または「アップデート」の選択肢が表示されたら、「復元」を選択

あとは、iOSのダウンロードとインストールをiTunesがやってくれます。
iPhoneとパソコンはケーブルは抜かずに最後まで待ちましょう。

ダウンロードは、15分以上かかります。
途中でリカバリモード画面が閉じてしまった場合は、ダウンロードが終わるのを待ってから、もう一度iPhoneをリカバリーモードにしましょう。

まとめ

リンゴループと呼ばれる現象はいつどこで顔を出すのかわかりません。
しかし現状は、自力で復元させる方法はiTunesに繋いで初期化する方法を取るより他ありません。
データ保護のためにも定期的にバックアップを取り、もしもの事態に備えるといいでしょう。

どうしても直らないという場合には、iPhoneを修理にだしましょう。

 

 

 

 

■リペア本舗信頼サービス

【安心その1】即日修理・即日返却!

【安心その2】電話帳・写真・メールデータそのまま!

【安心その3】修理後の1ヶ月保証サービス

 

 

■お問合せは今すぐ!

【WEB予約なら24時間365日対応】http://repairhonpo-neyagawa.com/reserve/

【お急ぎならこちらでお電話】0120-933-415

※お急ぎなら迷わずお電話ください!

 

 

■会社案内

〒572-0084

大阪府寝屋川市香里南之町21-9 田島ビル1F 

iPhone修理のリペア本舗寝屋川香里園店  (株式会社 ネオプライス)

 

【ホームページ】http://repairhonpo-neyagawa.com/

 

_________

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇