ホーム > iPhoneが重たい原因はメモリー不足?!
iPhone修理コラム

iPhoneが重たい原因はメモリー不足?!


こんにちは。

iPhone修理のリペア本舗-寝屋川香里園店-リペアチームです。

 

 

 

なんだか最近iPhoneの動きが鈍いような・・・と感じたことはありませんか?

購入当初は、さくさく動いていたiPhoneですが、徐々に重く感じるようになるケースはすくなくありません。

 

ひとつの動作にノロノロ動くアイフォンにイライラすることが多くなってどうにかしたい!と思っても、長年使っている端末で「もう古くなってきたから」と諦めていませんか?

 

もしかすると、アイフォンが重くなる原因はメモリ不足かもしれません。

 

今回は、メモリ不足を改善する方法をご紹介致します!

 

アイフォンがメモリー不足になると

iPhoneには、メモリという作業スペースがあるのですが、そのスペースがアプリなどで埋まってしまうと作業スペースがなくなってしまいます。

作業スペースがなくなってしまったらどうなるのかというと、冒頭でお話しした通り、動作が重くなるまたは、フリーズするなどの原因になっているケースがあります。

ひどいときには、アイフォンがフリーズして動かなくなり、電源が落ちてそのまま起動できなくなってしまうことも・・・!

 

実は、メモリ不足はiPhoneを再起不能までに追い込んでしまうほど深刻な問題なのです。

 

 

メモリ不足の主な原因は

iPhoneのメモリの空きが写真等のデータに圧迫されて不足していたり、アプリ単位ではデータが端末にたまりすぎているなどが関連していると考えられます。

このメモリ不足となる原因たちは、何らかの対策をとらない限り、iPhoneの中でずっと蓄積されてしまいます。

 

そしてメモリが限界になってしまったiPhoneは、ご存じの通り、動作不良をおこしてしまいます。

そうならないためにも、普段からこまめにメモリ不足を解消するようにしておきたいところですね。

 

 

メモリ不足を解消する!

パソコンならばメモリ不足を解消するには、メモリを増やす事ができますがiPhoneではそれができません。

iPhoneの場合は、端末に予め確保されているスペースを有効活用させなければいけません。

 

「メモリ不足を解消するのって難しそう・・・」と悩んでしまうかもしれませんが、意外と簡単にできますよ!

 

まずは、iPhoneを「再起動」させてみましょう。

再起動させる事で、メモリをリフレッシュさせてメモリを解放する事ができます。

 

電源の切り方は、「スリープボタンを長押し」→「スライドで電源オフを左から右にスライドして電源を切る」→「15秒ほど待ってから再度iPhoneのスリープボタンを長押しして電源を入れ直します。

 

 

iPhoneの「再起動」は不具合が出たときなどにも有効ですので覚えておいて損はないですよ!

 

 

また、強制再起動させる事によってiPhoneの不具合が解消される場合もあります。

やり方は、スリープボタンとホームボタン(iPhone7の場合は、スリープボタンと音量下げるボタン)を長押ししてiPhoneが再起動されるのをまつだけ。

しかしこの強制再起動はiPhoneが壊れてしまう恐れがあるため、多用は禁物です。

 

次にホームボタンを2回素早く押してマルチタスク画面を表示させて起動中の不要なアプリを終了させましょう。

これだけでもメモリ不足を解消させる事ができます。

 

また、不要なアプリやアプリ内のストレージ、写真などを削除してメモリ不足を解消する事もできます。

 

どうしても解消されない場合は、初期化→復元も試して見ましょう。

iPhone修理のリペア本舗-寝屋川香里園店-リペアチーム

 公開日時: 2017年8月28日

 

 

 

 

■リペア本舗信頼サービス

【安心その1】即日修理・即日返却!

【安心その2】電話帳・写真・メールデータそのまま!

【安心その3】修理後の1ヶ月保証サービス

 

 

■お問合せは今すぐ!

【WEB予約なら24時間365日対応】http://repairhonpo-neyagawa.com/reserve/

【お急ぎならこちらでお電話】0120-933-415

※お急ぎなら迷わずお電話ください!

 

 

■会社案内

〒572-0084

大阪府寝屋川市香里南之町21-9 田島ビル1F 

iPhone修理のリペア本舗寝屋川香里園店  (株式会社 ネオプライス)

 

【ホームページ】http://repairhonpo.com/

 

_________

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

 

 

 

 

全てのコラムを見る

iPhone修理の流れ