ホーム > iPhoneの画面が外れたり浮いてきた時の対処方
iPhone修理コラム

iPhoneの画面が外れたり浮いてきた時の対処方


こんにちは!

iPhone修理のリペア本舗-寝屋川香里園店-リペアリームです。

 

画面が浮いてきたもしくは、外れているiPhoneをみたことがありますか?

画面のガラスが割れているわけでは無いけれど、iPhoneの本体からバックライトの光が漏れ出していて、なんだか不安になってしまいますよね。

今日は、iPhoneの画面の浮きもしくは、外れてしまった時の対処方や原因をご紹介致します。

 

 

落下等の衝撃が原因

iPhoneを落としてしまったり、ぶつけてしまったことにより強い衝撃が加わり、画面上部のツメが外れたり折れたりすることにより画面が外れてしまうケース。

iPhoneは、下部にはしっかりと星形ネジ2本で止められていますが、上部はツメで引っかけているだけの構造になっています。

強い衝撃が加わることでこのツメが外れてしまう場合があるんですよね。

はずれた画面を無理に戻そうとするとツメが折れてしまう恐れがあるため、必ず修理店で戻してもらうようにしましょう。

また、衝撃でツメが折れてしまったら画面交換となる場合もあります。

 

 

 

バッテリーの膨張が原因

あまり知られていませんが、iPhoneのバッテリーは、劣化すると通常のサイズより数倍大きく膨れあがってしまいます。

その強さは、画面を押し出して割れの原因になってしまうほど。

バッテリーが膨張して画面を押し上げてパカッと開いてしまうところから、その光景がハマグリのように見えることから、「ハマグリ現象」ともよばれています。

このハマグリ現象、急にiPhoneの画面が浮き上がってくるので爆発するんじゃないかと怖い思いをした方もいるのではないでしょうか?

もちろん、このまま放置するのはよくないので、修理店で修理しましょう。

ぱんぱんに膨れあがったiPhoneは、いろいろな不具合が出てきます。

 

○ホームボタンが効かない

iPhone5/iPhone5cでは、バッテリーが膨張してしまうと、ホームボタンの接続部分が外れて、ホームボタンが効かなくなってしまいます。

 

○液晶に不具合がでる

バッテリーが画面を押し上げているという事は、液晶も持ち上げられているという事です。

液晶は繊細な部分もあるため、後ろから持ち上げられることにより、破損してしまう恐れがあります。

タッチが効かない、画面表示がおかしい等の症状が出ていた場合は注意が必要です。

 

○本体内部に異物が混入しやすくなる

画面と本体の間が大きく開くことによってiPhoneの天敵であるほこりや水が内部に入りやすくなってしまいます。

 

これらは、iPhoneの故障の原因にもなるため、早急に対策が必要です。

 

画面が浮いたりはずれたりした場合は

症状が軽い場合は、料金も比較的安く修理が可能ですが、周辺パーツにも影響が出ていた場合は、故障箇所の修理で余計な費用がかかってしまいます。

そうなってしまう前に修理店で修理を依頼しましょう。

iPhoneの修理は、AppleStoreもしくは、正規代理店でおこなうことができます。

 

もしも、iPhoneの画面が浮いたりはずれたりした場合は、なるべく早く修理に出すことをオススメします。

 

 

iPhone修理のリペア本舗-寝屋川香里園店-リペアリーム

公開日時: 2017年8月26日

 

 

 

 

■リペア本舗信頼サービス

【安心その1】即日修理・即日返却!

【安心その2】電話帳・写真・メールデータそのまま!

【安心その3】修理後の1ヶ月保証サービス

 

 

■お問合せは今すぐ!

【WEB予約なら24時間365日対応】http://repairhonpo-neyagawa.com/reserve/

【お急ぎならこちらでお電話】0120-933-415

※お急ぎなら迷わずお電話ください!

 

 

■会社案内

〒572-0084

大阪府寝屋川市香里南之町21-9 田島ビル1F 

iPhone修理のリペア本舗寝屋川香里園店  (株式会社 ネオプライス)

 

【ホームページ】http://repairhonpo.com/

 

_________

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

 

 

 

 

全てのコラムを見る

iPhone修理の流れ