ホーム > iPhoneが水没した時は慌てないで!
iPhone修理コラム

iPhoneが水没した時は慌てないで!


iPhoneの大敵のひとつである水。

水に濡れないようにと予防していても、ふとした時トイレに、洗面台に、洗濯機にボチャン!なんてことも。

 

iPhoneは精密機械ですので水にも弱く、もしも、iPhoneが水没して故障してしまったらと考えるだけで心臓に悪いですね。

 

 

 

iPhone7から防水耐性が強化されたとはいえ、温度差や湿気などにはまだ弱く、Appleも水没についての保証はしていません。

Appleに修理に出しても本体交換となり、データもすべて消えてしまう・・・。データをどうしても諦めきれないという場合には、正規外での修理をオススメします。

正規外で修理したからといって100パーセント復旧出来るわけではないので、復旧しなかったときは、データは諦めてください。

水没は時間との勝負です。

水没してすぐに修理に出すことができれば、比較的高い確率で復旧しますが、時間が経てば当然、復旧率も落ちてきてしまいます。

 

また、iPhoneの水没では、電源を入れるなど絶対にやってはいけない事もございます。

NG行為をせずに修理店へ持って行けば、普及率も変わってきますので、万が一「iPhoneを水没させてしまった…」という時のために水没時のイロハを覚えて「もしもの時」には役立てましょう。

 

水没で絶対にやってはいけないこと

・電源を入れる(電源が入っていたら電源を切る)

・充電する、パソコンに繋ぐ等

・本体を振る

 

 

iPhoneが水没すると内部にまで水が入り込んでいますので電源が入っているとショートしてしまいます。

水没してから電源が入っている場合は必ず電源を切りましょう。

電源を入れる、充電するなどでも内部に水が入り込んでいる状況では、復旧不可能なほどの致命的な故障につながりますので絶対にやめてください。

 

また、内部に入り込んだ水を出そうと本体を振る行為も、水没していない箇所まで水に濡れていない箇所にも水が広がり、破損箇所が増える原因にもなるためやめましょう。

 

 

もしも、水没してしまった場合は、落ち着いてすぐにiPhoneを拾い上げて、振らずに電源を入れず(電源が入っている場合は切る)、SIMを抜き取り、ティッシュやタオルにくるんですぐに修理店に修理に出しましょう。

 

iPhoneが水没した時に必要な応急処置の道具

応急処置に必要な道具は、

・水を拭き取るタオルやティッシュ

・SIMを取り出すためのSIMピンまたはクリップのような先が細いモノ

 

すぐに修理に行けない場合は、

・ジップロックなどの密封容器

・お菓子などに入っている乾燥剤

なども用意しておくと心強いです。

 

水没後に必要な応急処置の道具で特別な道具は特に必要ありません。

ご家庭で当たり前にあるものばかりなのですぐに用意できますよ!

 

iPhoneの水没は、水をふき取るためのタオルやティッシュ、SIMカードを抜くための細い棒等があれば、一通り対応できます。

 

すぐに修理にいない場合は、ジップロックなど密封できる物の中にiPhoneとお菓子などに入っている乾燥剤を一緒に入れておくと内部の水気を吸い取ってくれますのでこちらも用意しておくと心強いです。

 

iPhoneを水没させたときの応急処置

 

  • 電源を切る

 

水没は、時間との勝負です。光の早さでiPhoneを水から引き上げてください。時間との勝負です。

水からiPhoneを引き上げたときに電源がついていればすぐに電源ボタン(スリープボタン)を長押しして電源を切りましょう。

 

電源ボタン(スリープボタン)長押し→画面上の「スライドで電源オフ」を左から右にスライドすれば電源を切ることができます。

 

電源がついていないからと電源を入れようとしない!

iPhone内部が濡れたまま電源を入れてしまうと、内部の電子回路がショートして二度と電源が入らなくなってしまうので絶対に電源を入れたり、充電したりなどしてはいけません。

 

 

2.アクセサリーを外す

iPhoneにカバーやアクセサリー等をつけていると本体についている水を綺麗に拭き取ることができません。

カバーやアクセサリー等をつけている場合は、取り外して水を拭き取ってあげましょう。

 

 

3.SIMカードを取り出す

復旧率を左右するわけではありませんが、水没してしまった場合はSIMカードも抜いておくことをお勧めします。

SIMカードもダメになってしまう可能性がありますのでiPhone購入時に付属されていたSIMピンもしくは、クリップのような細いモノを使ってSIMトレイを取り出しておきましょう。

 

4.修理屋さんに持ち込む

あらかた処置が終わったら、すみやかに修理店に持ち込み修理を行いましょう。

処置が早ければ早いほど、普及率も変わってきます。

 

近くに修理屋さんがある場合は、2、3を飛ばして修理店へ。

iPhoneは、びしょ濡れでも構いません。

 

 

日にちが経ってしまうと、どうしても不純物が原因で内部が腐食してしまいます。

腐食が進んでしまうと、復旧も難しくなるためその日のうちに修理に出すことをお勧めします。

 

 

すぐに修理に出せない場合は

水没後、すぐに修理に出せない場合はジップロックなどの密封容器に乾燥剤と一緒に入れて内部の水分をできるだけ取り除くようにしましょう。

水分が抜けたからと言ってiPhone内部の腐食が止まるわけではありませんので、数日のうちに修理店に持って行きましょう。

 

電源を切った後にSIMを抜き取り、水分をあらかた取った後に米びつに放り込むという荒技もあるようです。

 

 

 

水没修理の方法

非正規店でiPhoneを水没修理に出す場合は、下記のことに注意しましょう。

水没した時は、すぐさま水から拾い上げてください。

内部にまで水が浸透しているため、ショートしやすくなっています。電源が入っていた場合は、電源を切りましょう。

また、水没後すぐに電源を入れたり、充電をしたり、パソコンに繋いだり、は絶対にやめましょう。

内部に入り込んだ水でショートしてしまい、復旧不可能なまでに破損してしまう可能性があります。

 

本体を振る行為もやってはいけません。iPhone内部に水が入り込んだ状態で本体を振ってしまうと、内部で水が深くまで入り込んでしまい箇所まで水に濡れていない箇所まで水が広がり、破損箇所が増える原因になる場合があります。

 

iPhoneを非正規店で修理する場合は、時間との勝負です。

できるだけその日のうちに修理に出しましょう。

 

水没修理は、基本的に基盤洗浄がメインです。

水没時に基板にとりついた不純物を洗い流して水分を飛ばします。

作業工程は下記の通りです。

 

分解→洗浄→組み立て

 

ですので、水没の段階でショートしてしまった部分や破損している箇所は、直せません。

後は運しだい・・・といったところでしょうか。

 

最近では、基板をどうのこうのして基板修理をしてくれるところもありますので、データがどうしても諦めきれない!という場合には、基板修理に回してみましょう。

多少割高で、データ復旧100%とはいきませんが、やってみる価値はあると思います。

 

 

非正規店でiPhoneの水没修理となるとどうしても運まかせになります。

そして、一度水没から復旧できたとしても、突然うんともすんとも言わなくなる場合があります。

 

水没修理をしたからといって「完全に直った訳ではない」ので、完全に直すのであれば、Appleの正規店もしくは、代理店に修理に出しましょう。

どんな状況でもiPhone内部にある水没反応シールが白から赤に反応していれば水没と判断されるため、保証外修理(本体交換)となり、当然データもすべて消えてしまいます。

 

水没しているか不安な場合は、一度Apple正規店もしくは、修理代理店にご相談ください。

 

データをどうしても取り出したいという場合には、非正規店

 

完全に直したいという場合には、正規店

 

 

非正規店で一度でも修理したことがある場合は、正規の修理が受けられない可能性がありますのでご注意ください。

 

 

 

 

 

■リペア本舗信頼サービス

【安心その1】即日修理・即日返却!

【安心その2】電話帳・写真・メールデータそのまま!

【安心その3】修理後の1ヶ月保証サービス

 

 

■お問合せは今すぐ!

【WEB予約なら24時間365日対応】http://repairhonpo-neyagawa.com/reserve/

【お急ぎならこちらでお電話】0120-933-415

※お急ぎなら迷わずお電話ください!

 

 

■会社案内

〒572-0084

大阪府寝屋川市香里南之町21-9 田島ビル1F 

iPhone修理のリペア本舗寝屋川香里園店  (株式会社 ネオプライス)

 

【ホームページ】http://repairhonpo.com/

 

_________

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

 

 

 

 

全てのコラムを見る

iPhone修理の流れ