ホーム > アイフォンの機種を見分けるには?

iPhone修理 即日返却

iPhone修理コラム

アイフォンの機種を見分けるには?

こんにちは!

iPhone修理のリペア本舗-寝屋川香里園店-リペアチームです。

 

iPhone液晶画面交換 バッテリーの交換 カメラの交換 スピーカーの交換 各種ボタンの交換 水没復旧などで寝屋川 門真 大東 守口 交野 枚方などの多方面からご来店されております!

 

アイフォンのトラブルでお困りの時は、0120-933-415まで気軽にお電話ください!

 

当店ホームページは⇒こちら!

当店でのご予約は⇒こちら!


こんにちは。

リペア本舗-寝屋川香里園店-リペアチームです。

 

iPhoneとひとくくりにされてはいますが、実は10種類以上のモデルが存在することはご存じでしょうか?

初代iPhoneの発売は2007年。当時は、通信方式の違いから日本で発売されることはありませんでしたが、日本では2008年7月にソフトバンクから初めてiPhone3Gが発表されています。

その後、iPhone3GS、iPhone4と続き、徐々に人気が出てきた頃に登場したiPhone4sからは、auもiPhoneの取り扱いを発表し、2011年にソフトバンクとauから発売されました。

さらにiPhone5が2012年9月に発売なり、この頃には売り切れが続出するなど、爆発的人気機種となりました。さらにその一年後の2013年9月には、iPhone5cとiPhone5sが登場。この頃には、Android一筋で行くと思われていたdocomoも参入して、ソフトバンク、au、docomoの三社から発売されることとなりました。

翌年の2014年9月には、現行モデルに近いiPhone6とiPhone6Plusが発売されるなど、iPhoneは1年ごとに新機種が登場し、現在の最新機種に至るまで毒族と発売されてきました。

これだけ多くの機種が出ているiPhoneですから、たとえばお友達とはなしていて「あれ?このiPhoneの機種なんだっけ?」と、分からなくなってしまったことはありませんか?

今回は、iPhoneの機種やモデルの見分け方をご紹介いたします!

 

 

iPhoneの特徴を見比べて機種を見分けてみよう!

若干違いはあるものの、似たようなデザインが多いiPhone。見分け方が分からない方もいるとおもいますが、よーく見てみると微かな違いが見えてきます!

「どうやって見分けるのか分からない」という方は、その小さなちがいから機種を見分けてみましょう!

 

では、さっそく歴代のiPhoneの機種や発売日を振り返りつつ、特徴の違いを見比べていきます。

 

 

○iPhone

こちらは、2007年に発売されたiPhone最初期のモデル。日本では電波環境の違いから発売されませんでした。

iPhoneの原型とも言える初期モデルですから、正面からの見た目は他の機種と見比べてもあまり違いが分かりませんね。

見分け方としましては、シルバーと黒で塗装されている背面カバーのデザインに類似のデザインがないため見分けやすいと思います。

 

 

○iPhone3G/iPhone3GS

iPhone3Gは2008年に日本で初めて、SoftBankから発売されました。

翌年、2009年には、iPhone3GSが発売されました。

両機種とも、デザイン上の違いはほぼないためケース等は共用可です。

唯一の違いは背面の機種名等の刻印のカラーで、3Gはグレー、3GSはシルバーで刻印されています。

 

 

○iPhone4/iPhone4s

iPhone4は2010年に、iPhone4sはs2011年に発売されました。

iPhone5系とiPhone 4/4s は背面がガラスのみで作られています。

iPhone4とiPhone4sの見た目に違いはほぼありませんが、ボタンの位置が若干異なりケースは共用できない場合があるのでご注意ください。

また、左側、側面のデザインで見分けることができます。

iPhone4には、左側、側面のボタン上部に黒いラインがありませんが、iPhone4sでは、黒いラインがついています。

 

 

○iPhone5シリーズ

つぎに、iPhone5シリーズをみてみましょう。

iPhone5は、2012年に発売されました。続いて、2013年にiPhone5c、iPhone5sの順で発売されました。

iPhone5から、SoftBank、docomo、auで発売されていました。

現行機種との違いは、電源ボタンが上部側面に配置されています。

各機種の違いの見分け方は、下記の通り。

iPhone5・・・ホームボタンに□のマークがついている

iPhone5c・・・背面カバーが樹脂でカラーバリエーションが豊富です

iPhone5s・・・ホームボタンに□マークがない

また、TouchID(指紋認証)が初めて追加さたのもiPhone5sです。

iPhone5シリーズで唯一、指紋認証ができます。

 

 

○iPhoneSE

よく間違えやすいのがiPhone5sとiPhoneSEです。

iPhone5シリーズとiPhoneSEは、ほとんど違いがないため、わかりにくいと言う方も多いでしょう。

見分ける場合は、背面カバーに記載されている文字を参考にしてみましょう。

iPhoneSEには、背面カバーのiPhoneの文字の下に「SE」と記載されていますが、iPhone5シリーズにはありません。

同機種は2016年に発売されています。

 

 

○iPhone6/iPhone6Plus

iPhone6/iPhone6Plusは、2014年に発売されました。

これまでのモデルと比べると角が取れて丸くなめらかなデザインとなっています。

当初は、このデザインになじめず、苦労したかたも多いのでは内でしょうか?

また、同シリーズから、電源ボタンの位置が左側に変更されました。

iPhone6シリーズから、これまでのiPhone5シリーズと比べると、大きさも一回り大きくなっています。

同時期に発売されたiPhone6Plusは、iPhone6よりもさらワンサイズ大きくなっています。

 

 

○iPhone6s/iPhone6sPlus

iPhone6s/iPhone6sPlusは、2015年に発売されています。

こちらは、iPhone6/iPhone6Plusと見た目の違いがほとんどないため、見分けるのが難しいですが、背面カバーをみると一目でわかります。

iPhone6sには、背面カバーのiPhoneの刻印の下にSの文字が刻まれています。

見分ける時の判断材料にしましょう。

 

 

○iPhone7/iPhone7Plus

iPhone7/iPhone7Plusは、2016年に発売

iPhone6シリーズと一見違いがないように見えるiPhone7/iPhone7Plusですが、イヤフォンジャックがなくなっていたり、ホームボタンが感圧式になっていたりと細かなところが変わっています。

わかりやすい見分け方としては、

・イヤフォンジャックが無い場合はiPhone7/iPhone7Plus

・電源が付いていない状態でホームボタンを押してもポチポチ感が無い場合は、iPhone7/iPhone7Plus

・カメラが一回り大きい場合は、iPhone7/iPhone7Plus

と違いがありますので、見分ける判断材料になります。

また、わかりにくいですが、通話時などに耳に当てたときに画面を暗くする近接センサーの位置が若干変わっています。

 

 

 

パソコンに繋いで見分ける

パソコンをお持ちであれば、次に紹介する方法で見分けることが可能です。

iPhoneをパソコンに繋いでiTunesを起動。

iPhoneのデータ管理の画面が出てきますので、そこにiPhone情報も一緒に記載されています。

・iPhoneの機種

・最大容量

・電話番号

・シリアル番号

・iOSのバージョン

上記の項目を確認する事ができます。

 

 

背面カバーで見分ける方法

 

iPhoneの背面カバーにはモデル番号が記載されています。

背面カバーに記載されている英数字の文字列から「Model A○○○○」というところに注目してください。

ここに、モデル番号が記載されています。

Appleのウェブサイトには、iPhoneのモデルを識別できるようにiPhoneのモデル番号がどの機種なのかリストアップしています。

モデル番号さえわかってしまえば、後は簡単ですね。

アップルのウェブサイトに記載されているモデル番号の中に自分の持っているiPhoneに記載されているモデル番号を探せばいいのです。

例えば、モデル番号が「Model A1687」ですと、該当するものは2015年に発売された「iPhone6sPlus」だということがわかります。

モデル番号が複数存在する機種もあるため、細かく確認しましょう。

 

◇◇◇モデル番号一覧◇◇◇

 

 

2016年発売

iPhone 7

モデル番号:1660、A、A1778、A1779 (日本*)


2016年発売

iPhone 7 Plus

モデル番号:1661、A1784、A、A1785 (日本*)


2016年発売

iPhone SE

モデル番号:A1723、A1662、A1724


2015年発売

iPhone 6s plus

モデル番号:A1634、A1687、A1699


2014年発売

iPhone 6

モデル番号:A1549、A1586、A1589


2014年発売

iPhone 6 plus

モデル番号:A1522、A1524、A1593


2013年発売

iPhone 5s

モデル番号:A1453、A1457、A1518、A1528、

A1530、A1533


2013年発売

iPhone 5c

モデル番号:A1456、A1507、A1516、A1529、A1532


2012年発売

iPhone 5

モデル番号:A1428、A1429、A1442


2011年発売

iPhone 4s

モデル番号:A1431、A1387、A1387


2010 (GSM)、2011 (CDMA)年発売

iPhone 4

モデル番号:A1349、A1332


2009年発売

iPhone 3GS

モデル番号:A1325、A1303


2008、2009 (中国)年発売

iPhone 3G

モデル番号:A1324、A1241


2007年発売

iPhone

モデル番号:A1203


参照元:iPhoneのモデルを識別する Apple.

 

 

「あれ?このiPhoneのモデルってなんだっけ?」とiPhoneのモデルが分からなくなった場合は、上記の特徴を観察してみると小さな違いからでもiPhoneのモデルを見分けることが出来ます。

一見難しいようですが特徴さえ掴んでしまえば簡単です。

もしも、特徴が掴めずに悩んでしまった場合は、一度パソコンに繋いでiTunesで確認するか、iPhoneの背面カバーのモデル番号からiPhoneのモデルを探してみましょう!

 

 

リペア本舗-寝屋川香里園店-リペアチーム

 公開日時: 2016年9月15日

 

 

 

 

■リペア本舗信頼サービス

【安心その1】即日修理・即日返却!

【安心その2】電話帳・写真・メールデータそのまま!

【安心その3】修理後の1ヶ月保証サービス

 

 

■お問合せは今すぐ!

【WEB予約なら24時間365日対応】http://repairhonpo-neyagawa.com/reserve/

【お急ぎならこちらでお電話】0120-933-415

※お急ぎなら迷わずお電話ください!

 

 

■会社案内

〒572-0084

大阪府寝屋川市香里南之町21-9 田島ビル1F 

iPhone修理のリペア本舗寝屋川香里園店  (株式会社 ネオプライス)

 

【ホームページ】http://repairhonpo.com/

 

_________

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇

 

 

 

 

全てのコラムを見る
--->