ホーム > パソコンいらず!Wi-FiでiPhoneのデータをバックアップと復元する方法

iPhone修理 即日返却

iPhone修理コラム

パソコンいらず!Wi-FiでiPhoneのデータをバックアップと復元する方法


スマートフォンのデータ移し替えはをショップでやってもらおうと思っても、個人情報保護のため、データの移し替えができません。

新しくまっさらな状態から手動で「どんどん連絡先を追加していくぞ!」というわけにもいかず、仕事関係の連絡先や友人の連絡先が大量に入っている電話帳を手作業で一つ一つ移していくという作業をするにも電話帳を見ただけで頭が痛くなりそうですね。

そんな悩みを回避するために「iCloud」を使ったデータの写し方を紹介します。

Wi-Fi環境が整っているのであれば、iCloudを使ったバックアップと復元ができますので試して見てください。

 

 

 

 

iCloudでバックアップする

iPhoneは電源に接続されていてWi-Fiに接続されている状態になっていれば定期的にバックアップをiCloud上に作成してくれます。

ですが、この自動更新は常に最新の状態とは限りませんのでバックアップから復元する前には必ず、事前に現状のバックアップを取っておきましょう。

 

iCloud上にバックアップをする場合は以下の手順で行います。

 

1.ホーム画面から「設定」をタップ

 

2.設定画面から下にスクロールして「iCloud」を選択 

 

3.「バックアップ」→「今すぐバックアップを作成」の順番でタップします。

 

※バックアップが完了するまで時間がかかります。

※iCloudの無料バックアップは5GBまでです。

写真や動画などがバックアップ対象に含まれている場合、バックアップが出来ないこともあるので注意しましょう。

 

 

 

 

iPhoneを初期化する

事前のバックアップが済んだら購入した新しいiPhoneでデータを復元します。

すでにiPhone をセットアップ済みの場合は、一度iPhoneをリセットする必要があります。

iPhoneのリセット方法は「設定」「一般」「リセット」「すべてのコンテンツと設定を消去」の順番で行います。

 

 

 

 

iCloud上のバックアップデータを使い新しいiPhoneに復元する

次に、バックアップを新しいiPhoneで復元する場合は以下の手順で行います。

iCloudを利用するのでWi-Fiに接続するのを忘れないでください。

 

→iPhone を起動。

→言語やWi-Fiなどの各種設定を行います。指示通りに進めていきましょう。

→「Appとデータ」画面が表示されましたら「iCloudバックアップから復元」を選択します。

→Apple IDを入力してiCloudにサインインし、利用規約に同意しましょう。

 

 

 

 

最新iOSのインストールを求められた場合は、指示通りに操作しましょう。

iOSインストール後はiPhoneをリセットします。

再び、画面の指示にしたがって初期設定を進めていきましょう。

アクティベーションロックが掛かっている場合は、利用しているApple IDを入力します。

 

 

バックアップと復元をするデータが多い場合は、電源に接続しながら作業を行うのがベストです。

また、iCloudを使ってLINEのトーク履歴を引き継ぎぐ事も可能です。

LINEの公式ブログに掲載されていますので詳しく知りたい方は、【iPhone版LINE】トーク履歴の引き継ぎが可能に。さらに、よく使うトークを優先的に表示できる”ピン”機能が登場!をご覧ください。

 

 

    iPhone修理の流れ