ホーム > iPhoneのホームボタンは便利♪でも、もし壊れてしまった場合は・・・?

iPhone修理 即日返却

iPhone修理コラム

iPhoneのホームボタンは便利♪でも、もし壊れてしまった場合は・・・?


iPhoneのホーム画面からアプリアイコンをタップするとアプリが開きますが、iPhoneで起動したアプリを切り替え・終了する時にはホームボタンを使わなくてはなりません。

 

ですが、落下の衝撃などでホームボタンが故障してしまった場合、どうしようもできないのでしょうか・・・?

 

 

 

AssistiveTouchのホームボタン機能を使う

iPhoneには、「AssistiveTouch」という機能があります。

これは、iPhone本体のボタン操作を画面上でできるなどの他に、タッチパターンを記憶させるなど多機能搭載されています。

 

もちろん、ホームボタンの代わりとしても使う事が可能です。

 

ホームボタンが壊れてしまった場合は、「AssistiveTouch」をオンにすれば一時的に対応できます!

「AssistiveTouch」をオンにする方法は下記の手順で行ないます。

 

 

 

 

「AssistiveTouch」をオンにする

1.ホーム画面から「設定アプリ」を起動します。

2.「一般」→「アクセシビリティ」の順番でタップ

3.操作の項目で「AssistiveTouch」をタップ

4.「AssistiveTouch」をオフ(白)からオン(緑)にする

 

「AssistiveTouch」をオンにすると、画面上に丸い玉のようなアイコンが表示されます。

これで、「AssistiveTouch」の準備が整いました。

 

後は、丸い玉のアイコンをタップすると、メニュー画面が表示されますので、その中にある「ホーム」をタップすれば、ホームボタンの代わりとして使う事ができます。

 

ホームボタンを修理したい

AssistiveTouchは画面上に表示されるため、邪魔になる場合があり、また、ホームボタンが故障することで不便になってしまうのでやっぱりホームボタンを直したいという場合は、iPhone修理に出しましょう。

iPhoneのホームボタン修理は、正規店または、正規代理店で修理する事ができます。

ですが、データがすべて消えてしまう、保証や保険等に加入していない場合は、修理代金が高額になってしまうなどデメリットもあります。

 

データを残してそのうちに修理したい場合は、非正規店での修理もご検討ください。

ただし、非正規店で修理する際に注意しなければならないことがあります。

ホームボタンは本体と「対(ツイ)」になっているため、非正規店でホームボタンを別のパーツと交換してしまうとTouchID(指紋認証機能)が使えなくなってしまいます。

ですが、ホームボタンとしてはキチンと機能しますのでTouchIDがなくても不便しない場合には、お近くの非正規店の修理もご検討くださいませ。

 

 

    iPhone修理の流れ